\ お買い物マラソン開催中! /

【2021年最新】電気毛布・ひざ掛け・ブランケットのおすすめ商品をまとめました!

【2021年最新】電気毛布・ひざ掛け・ブランケットのおすすめ商品
超お得/おすすめサービス
  • Amazon audible:聴く読書。通勤・通学・家事中にながら読書が可能な神サービス。
    • 初めての方は30日間無料!登録・詳細はこちらから。
  • Kindle Unlimited:200万冊の本が月額制で読み放題。月2冊程度読めば元が取れます
    • 30日間無料無料体験実施中!登録・詳細はこちらから。

冬場のリモートワークの敵、「足元の冷え」。

部屋を温めているのに足元だけ温まらなくて、リモートワーク中なのになんでこんなに寒い思いをしながら仕事をしているんだ・・と思った経験は無いでしょうか。

そんな時に電気毛布があれば、暖かい足元で仕事・作業をすることができますよね。

今回はそんな電気毛布について、選び方のポイントおすすめ商品をご紹介致します。

本記事を読んで、冷え込む冬のリモートワークを温かく乗り切りましょう!

タップできる目次

電気毛布の選び方とポイント

まずは、電気毛布の選び方とポイントを見ていきましょう。

(1)素材

素材

電気毛布の素材は大きく分けて「化学繊維」か「天然繊維」に分けられ、化学繊維はポリエステルやナイロン、天然繊維は麻・綿・カシミヤが該当します。

化学繊維はリーズナブルでコストパフォーマンスが高い傾向にありますが、保温性や肌触りに少々難があります

一方、天然繊維は化学繊維より保温性や肌触りが優れますが、お値段が高かったりクリーニングが必須だったりとコスト・維持面でデメリットが存在しています

ただ、電気毛布という性質上、保温性の有無はさほど関係がないため、手軽に購入できる化学繊維の商品が主流となっています。

(2)温度調節やセンサー機能

お次のポイントは温度調節やセンサー機能です。

温度の調節方法に関しては「低・中・高」という三段階での調節が可能なものもあれば、スライド式で自由に温度を調節できる機種もあります。

温度を細かく調節したいのであれば、スライド式で自由に調節できる機種を買うのが無難かと。

また、最近の電気毛布は「室温センサー」という機能が付いている商品もあります。

室温センサーとは「室温が変化した際、自動的に最適な温度を保つ」機能です。

これによって、細かい調節が不要になり、使い勝手がかなり良くなります。

(3)洗濯機で洗えるか

最後に、洗濯機で洗えるかどうかも大きなポイントです。

最近の電気毛布は洗濯機での丸洗いが可能な商品が多いですが、機種によっては洗濯機が使えず、手洗いでしか選択できない商品もあります。

「お手入れにどのくらい手間をかけられるか」の部分も総合して毛布を選ぶようにしましょう。

「電気毛布」おすすめ商品のまとめ

それでは早速、おすすめ電気毛布の詳細をまとめましたので、ご覧ください。

コイズミ 電気毛布Sugiyama 電気掛敷兼用毛布アイリスオーヤマ 電気毛布ライフジョイ 電気ひざ掛けMORITA 洗える電気敷毛布
サイズ130 × 80cm188 × 130cm140 × 80cm120 × 62cm140 × 80cm
1色1色(ストライプ)2色(ブラウン・ボーダー)3色(グリーン・ベージュ・オレンジ)2色(えんじ・ブルー)
素材ポリエステル70%、アクリル30%ポリエステル70%、アクリル30%ポリエステル100%ポリエステル70%、アクリル30%ポリエステル100%
電源コンセントコンセントUSBコンセントコンセント
温度調節の種類スライド式:強〜弱スライド式:強〜弱ボタン式:4段階スライド式:強〜弱8段階調節
手洗い可能?
洗濯機可能?×
室温センサー××
値段¥5,960¥4,980¥5,470¥4,018¥4,950
良ポイント抗菌防臭加工大きめサイズで余裕を持って使えるカーボンナノチューブでムラなく素早い発熱デザインが豊富・おしゃれ15hで自動切タイマー

以上の比較より、ケース別におすすめの商品をまとめました。

下記より、みなさまのご要望をクリックして下さい!

Amazonランキング1位の安心さを取りたい:コイズミ 電気毛布

[st-kaiwa1]

安心安定、コイズミの電気毛布です。部類としては敷き毛布なので、寝る前に布団をあたためるのにもGood!

[/st-kaiwa1]
コイズミファニテック(koizumi furnitech)
¥3,008 (2023/01/24 19:15時点 | Amazon調べ)

とにかく大きいものが使いたい:Sugiyama 電気掛式兼用毛布

[st-kaiwa1]

Sugiyamaも電気毛布としては大手メーカー。これだけサイズが大きければ、足元をすっぽり包むことが出来るので、とっても暖かいですよ。

[/st-kaiwa1]
椙山紡織
¥4,515 (2023/01/24 19:15時点 | Amazon調べ)

USB給電式で、コンセントから開放されたい:アイリスオーヤマ 電気毛布

[st-kaiwa1]

USB給電のメリットは、部屋を跨いで簡単に使えることです。ちょっとした移動もあたたかいままできるので、使い勝手◎。

[/st-kaiwa1]

おしゃれさは妥協できない!:ライフジョイ 電気ひざ掛け

[st-kaiwa1]

無地柄が多い中、オシャレな柄のラインナップで目を引きます。冬っぽいデザインで、オフィスで使うとかわいくて良いかもしれませんね。

[/st-kaiwa1]

毛布の手触りはふかふかに限る!:MORITA 洗える電気敷き毛布

[st-kaiwa1]

やはり、毛布はふんわりやわらかが至高ですよね。ふかふか毛布が発熱すると、それはもう極上の暖かさですよ・・・。

[/st-kaiwa1]

まとめ:冬場のリモートワークには電気毛布がおすすめです

以上、電気毛布の選び方とおすすめ商品の紹介でした。

正直、冷え込む冬場のリモートワークでは電気毛布が必需品です。

仕事中、足元が寒いな・・いいひざ掛け無いかな・・と思っていた方は是非これを機会に購入してみてください。

[st-kaiwa1]

寒い冬に負けないように、電気毛布を使って冬場のリモートワークもバリバリ前進していきましょう!

[/st-kaiwa1]

\読み終わりましたら下記バナーをタップで/

\応援いただけますと励みになります!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次