\ お買い物マラソン開催中! /

4Kモニター JN-IPS3201UHDRレビュー。ビジネス用途にピッタリな32型の、コスパ最強モニター【PR】

超お得/おすすめサービス
  • Amazon audible:聴く読書。通勤・通学・家事中にながら読書が可能な神サービス。
    • 初めての方は30日間無料!登録・詳細はこちらから。
  • Kindle Unlimited:200万冊の本が月額制で読み放題。月2冊程度読めば元が取れます
    • 30日間無料無料体験実施中!登録・詳細はこちらから。

以前紹介した31.5型 4Kモニターの32型モデル、「JN-IPS3201UHDR」が発売されました。

今回は当モニターを貸与いただきましたので、JAPANNEXTアンバサダーとしてレビューを実施いたします。

本モニター、一言で言えば「ビジネス用途にピッタリ」のモニターです。

31.5型に存在していた背面LED・ゲームターゲットの機能は削減され、かつ見た目もシンプル・高級感のある仕上がりに。

しかも価格は約¥2,000しか変わらないという、鬼のようなコスパを誇っています。

本記事では31.5型との比較も通して、使用感やメリット・デメリットについてもご紹介します。

ぜひ最後までご覧くださいませ。

JN-IPS3201UHDR
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • IPS・4K・32型で4万円前半の超絶高コスパ
  • ゲーミング要素が少なく、シンプルデザイン
  • IPSモニターなので、画面が鮮やかで綺麗
  • リモコン付属
デメリット
  • 入力端子の取り回しが難しい
  • スピーカーの音質は悪い
  • スタンドが大きい
タップできる目次

4Kモニター JN-IPS3201UHDRとは?

今回紹介するJN-IPS3201UHDRとは、32型・IPS液晶・HDR対応の4Kモニターのことです。

Amazonより

JN-IPS3201UHDRの特徴

本モニターの特徴は、下記の通りです。

JN-IPS3201UHDRの特徴
  • 32型・IPS液晶・HDR対応・4Kで約4万円という超絶コスパ
  • 幅約2mm・液晶非表示幅約5.5mmの極薄ベゼル
  • VESAマウント(100×100)対応
  • 2W×2のステレオスピーカーを搭載 
  • 多数の入力端子を搭載(HDMI×3、DIP×1、オーディオ出力)

・・・この特徴、実は以前ご紹介した31.5型モニターの「JN-IPS315UHDR」とほぼ同じとなっています。

ただ、細かい違いが幾つかありますので、詳しくは次の章でお話しいたします。

JN-IPS3201UHDRのスペック

スペックは下記の通りです。

製品名JN-IPS3201UHDR
メーカーJAPANNEXT
画像
画面サイズ32インチ
解像度3840×2160(UWQHD)
パネルタイプIPS
表面処理ノングレア
重さ約9.4Kg
端子HDMI×3, DisplayPort×1
スピーカーあり(ヘッドホン出力有り)
VESA規格対応(100×100)
付属ケーブルHDMI(1.5m)、DPケーブル(1.5m)

31.5型モデル「JN-IPS315UHDR」との違い

冒頭でお話しした通り、本モニターには31.5型のモデル「JN-IPS315UHDR」が存在し、各モデル細かな違いが色々あります。

よって、ここからは31.5型→32型で異なっている部分についてご紹介します。

サイズ・重さの違い

  • モニターサイズが0.5インチ(実寸で約1cm程度)アップ
  • 重さも2kg程度アップ

当たり前ですがサイズは多少大きくなり、重さも増えました。

サイズに関して言えば1インチ(1cmちょっと)の差なので、ほぼ違いは感じないと思います。

デザイン・外観の違い

  • カラーグラデーションなし
  • ベゼルが黒→シルバーに
  • 各端子接続部が下→側面に

デザイン面はガラッと変化しており、まずは31.5型に存在していたカラーグラデーション(背面にあった、色の変わるLED)が無くなりました。

更にベゼルは黒からシルバーに変化し、全体的にスタイリッシュになった印象を受けます。

また、背面下にあった端子接続部分は(正面から見て)左側面に移動しました。

きの

端子に関しては、この変化が割と曲者だったりします・・。

価格の違い

  • ¥2.000程度アップ

価格は¥2,000だけ高くなりました。

0.5インチの大きさアップで2,000円しか変わらないのは、かなり驚きです。

その他の違い

  • 付属品としてリモコンあり
  • ゲームターゲットなし

32型にはデフォルトでリモコンが付属するので、入力切り替えや音量操作を手軽に行えます。

また、ゲームターゲット(FPS等で使用できる、画面中央の十字マーク)機能は廃止になっています。


以上より総括すると、32型は「画面の大きい、ビジネス特化型モニター」ですね。

JAPANNEXTが得意とするゲーミング要素をほぼ取り除いた、ビジネス寄りのモニターだといえます。

逆に31.5型は、ゲームをする方・ベゼル色は黒が良い方にオススメです。

縦型のサブモニターとして使用する際は、恐らくオーソドックスな黒の方が使いやすいと思います。

きの

私も買い増しするのであれば、31.5型を選択すると思います。

4Kモニター JN-IPS3201UHDRの付属品・外観レビュー

それでは、まずは付属品の確認と外観のレビューをしていきます。

付属品・組み立て

付属品は下記の通り。

付属品
  • HDMIケーブル(1.5m)
  • DPケーブル(1.5m)
  • 電源ケーブル(1.5m)
  • 電源アダプター(1m)
  • マニュアル・保証書
  • リモコン
  • ネジ(2種類)

黒・銀のネジ2種類は、モニタースタンドの組み立てと固定のために使用します。

ネジマウントなので組み立て工数は掛かりますが、モニターが32型と大きめなので、安定感を考えると安心です。

本モニターにはリモコンが付属します。単4電池2本で動きますが、電池は同梱されていないので注意してください。

入力ソースの変更がリモコン経由で出来るのは楽で良いですね。複数PC使いにはもってこいのアイテムです。

外観レビュー

続いて外観を見ていきましょう。

スタンドとベゼル下側は、共にシルバーです。

特にベゼル下側は、シルバーがスクラッチされたような高級感のある質感になっています。

JAPANNEXTのロゴも黒くシックで、かなりオシャレ。

サイドベゼル幅は結構薄いので好感触。

写真ではわかり辛いですが、こちらにも薄くスクラッチ加工が入っています。

操作ボタンはメニュー・操作に加え、音量ボタンがあるのが特徴的です。

モニター裏面は装飾等無く、シンプルに社名ロゴのみが配備されています。

個人的にはこのくらいシンプルな感じが好みです。

モニター側面から見ると分かる通り、本体は非常にスリム・スタイリッシュ。

幅(約51mm)自体が激薄な訳ではないですが、VESA部分・モニター部分が湾曲ではなく直角に分かれているので、スッキリした印象を受けます。

入力端子は側面に位置していますが、この仕様は使う人を選ぶな、と思いました。

きの

メリット・デメリットで詳しくお話します。

入力端子は下記の通り。必要十分かと思います。

入力端子
  • HDMI×3(2.0×1、1.4×2)
  • DIP×1
  • オーディオ出力
  • ACアダプター

4Kモニター JN-IPS3201UHDRの使用感・メリット

続いて、4Kモニター JN-IPS3201UHDRの使用感とメリットについてご紹介します。

流石の32型、画面はとても広々で快適

さすが32型、画面はとっても広く、業務・仕事がかなり快適です。

32型の4Kモニターだと、Amazonの画面が下記の画像の通り、とっても広く表示されます。

個人的に画面は広ければ広いほど良いと思っているので、かなり大満足です。

余白が眩しいほどの、画面の広さ

また、31.5型のJN-IPS315UHDRの記事にて「31.5型というサイズはデスクワークのモニターとして、恐らく最大サイズに近いと思う」とお話ししましたが、32型も問題なく使用できそうです。

きの

寸法、約1cm程度しか変わらないですからね。

ちなみに、普段使用しているウルトラワイドモニター(LG 34WP60C-B。解像度は3440×1440)との画面表示領域の比較は下記の通り。

これだけ違うと、作業効率は愕然と変わります。

もう、4K以下の解像度は使用できなくなりますね・・。

IPSモニターなので、画面が鮮やかで綺麗

IPSモニターなので発色・視野角が良く、画面が鮮やかでとても綺麗です。

画像・映像系の業務を行わないのであれば、必ずしもIPSパネルである必然性は低いかと思います。

ただ、発色が良いに越したこと無いですよね。

広い視野角に関していえば、複数人でモニターを見る用途でとても便利です。

モニターを囲んで複数人でディスカッションをしたり、みんなで映像鑑賞を行なったりする機会があれば、輝いてくれるモニターと言えますね。

31.5型と¥2,000しか変わらないという、神コスパ

前述の通り、31.5型との大きさの違いは約1cm程度。

微々たる差なので価格が安い31.5型でいいか・・・と思いきや、値段はなんと¥2,000程しか違いません。

であれば、1cmでも大きい32型の方がコスパが良い気がしますよね。

ただ、冒頭でお話しした通り細かい違いが様々ありますので、ご自身の嗜好にあった方を選択すると良いかと思います。

4Kモニター JN-IPS3201UHDRのデメリット

使ってみてわかった、4Kモニター JN-IPS3201UHDRのデメリットもご紹介します。

入力端子の取り回しが難しい

今回、一番のデメリットと感じた部分がこちら。

入力端子がモニター裏の側面に位置しているので、デスク・接続機器の配置によっては取り回しが大変です。

具体的には接続する機器がデスク右側に位置している場合は、コードを大きく曲げて配線をする必要があります

使えなくはないですが、コードを曲げることでコード自体に負担がかかってしまうんですよね。

逆に、私のデスクのように接続機器類が左側にあれば、そんなに大きな問題にはなりません。

よって購入する際は、接続する機器の位置を変更したり、柔軟性のあるコードを使用する等、工夫する必要があるかと思います。

スピーカーの音質は悪い

こちらは31.5型と同等のデメリットで、スピーカーの音質はあまり良くありません。

おまけ程度と考えた方が良さそうです。イージーリスニング用途ですね。

よって音楽等を聴く際は、イヤホンジャック経由で有線のスピーカーか、ワイヤレススピーカー辺りを用意すれば良いかと思います。

ちなみに私は、ピクセルアートスピーカーのDitoo Proを使用しています。

とってもキュート&レトロで、かつ想像以上に音質が良いので、かなりオススメです。

スタンドが大きい

こちらも31.5型と同様で、スタンドは結構大きめです。

私みたいな奥行き60cmのデスクでは、スタンドを使用すると威圧感高めになります。

机の1/3を専有されてしまいます

よって、モニターアームの使用をお勧めします。

オススメは、どの記事でも紹介しているエルゴトロン LX。とりあえず迷ったらこれ買っとけ、くらいの安定モニターアームですね。

可動性も高く、耐重量もバッチリなので、ぜひモニターと一緒にお買い求めくださいませ。

4Kモニター JN-IPS3201UHDRを買って幸せになれる人

ということで、下記一つでも当てはまった方は、「JN-IPS3201UHDR」を買うと幸せになれるでしょう。

本商品を買ったら幸せになれる人
  • ビジネス用途のモニターを探している方
  • コスパの高い4Kモニターを探している方
  • シンプルなデザインが好みの方

JN-IPS3201UHDRとは、32型・IPS液晶・HDR対応の4Kモニターです。

派手な装飾やゲーミング機能は最小限で、その分価格が抑えられているため、ビジネス用途のモニターを探している方にはピッタリ。

コスパは尋常じゃなく高いです。

配線の取り回しが難しいので注意が必要ですが、適宜位置替えや柔軟性の高いコードを使用すれば対策できるかと。

そんな対策を行う価値のあるコスパの高いモニター、とってもオススメです。

4Kモニター JN-IPS3201UHDR まとめ

最後にまとめとして、4Kモニター JN-IPS3201UHDRのデメリット・メリットをおさらいしましょう。

デメリット
メリット
  • 入力端子の取り回しが難しい
  • スピーカーの音質は悪い
  • スタンドが大きい
  • IPS・4K・32型で4万円前半の超絶高コスパ
  • ゲーミング要素が少なく、シンプルデザイン
  • IPSモニターなので、画面が鮮やかで綺麗
  • リモコン付属

相変わらずJAPANNEXT、コスパが尋常じゃないですね。

本製品は、ビジネス用途で安い・良いモニターが欲しい場合や、4Kモニターを使用してみたい場合に、間違い無く第一選択に入るモニターだと思います。

貴方もコスパが素晴らしい32型の4Kモニターを購入して、いつもの何倍も効率よくリモートワークを行いませんか?

\読み終わりましたら下記バナーをタップで/

\応援いただけますと励みになります!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次