\ お買い物マラソン開催中! /

FILCO majestouch convertible2(茶軸)レビュー! 国産の正当派メカニカルキーボード

超お得/おすすめサービス
  • Amazon audible:聴く読書。通勤・通学・家事中にながら読書が可能な神サービス。
    • 初めての方は30日間無料!登録・詳細はこちらから。
  • Kindle Unlimited:200万冊の本が月額制で読み放題。月2冊程度読めば元が取れます
    • 30日間無料無料体験実施中!登録・詳細はこちらから。

メカニカルキーボードって、色々な種類があって、どれを買えば良いやらとっても迷いますよね。

そんな悩める貴方におすすめなのが、今回紹介する「Majestouchマジェスタッチ Convertible2コンバーチブル2 Tenkeylessテンキーレス」です。

majestouch-斜め

スッキリしたテンキーレスの配列有線・無線のハイブリット、軸はCHERRY MXの5色から選択可能等、非常にオーソドックスで使いやすいメカニカルキーボードとなっています。

よって「初めてのメカニカルキーボード」や「試してみたい軸がある」方にはぴったりの製品です。

majestouchとデスク
きの

私も、初メカニカルキーボードは本機でした。

今回は、そんな「Majestouch Convertible 2 Tenkeyless(茶軸)」レビューしていきます。

メリットデメリット
スッキリとしたテンキーレス配列

有線・無線対応

メカニカルキーボードとしては安価

安心の国産
携帯性は皆無

Macでは使いづらい

キーマップ変更に外部ソフトが必要
タップできる目次

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessの特徴

まずは、Majestouch Convertible 2 Tenkeylessの特徴を紹介していきます。

そもそもFILCOってどんなブランド?

Majestouchシリーズを開発・販売しているFILCOとは、ダイヤテック株式会社のキーボードブランドのことです。

FILCOロゴ
Amazonより

FILCOは、メカニカルキーボード界では超有名なブランドの1つ。

今回紹介するMajestouchシリーズや、コンパクトな筐体のMINILAシリーズなど、要注目商品を抱えた老舗メカニカルキーボードブランドなんです。

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessってどんな商品?

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessとは、そんなFILCO社が製造販売する、Bluetooth対応・テンキーレスなメカニカルキーボードのこと。

majestouch正面
Amazonより

本製品の特徴は下記の通り。

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessの特徴
  • テンキーレスのコンパクトレイアウト
  • CHERRY MXスイッチ採用
  • 有線(USB)・無線(Bluetooth)どちらも対応
  • 4台のPC・タブレットとペアリング可能
  • メカニカルキーボードとしては抑えめな価格設定

メカニカルキーボードの快適性コンパクトさを持ち、有線・無線ハイブリットで使い勝手の良さはピカイチ。

よって、初めてメカニカルキーボードにぴったりな製品です。

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessのスペック

スペックは下記の通り。

製品名Majestouch Convertible 2 Tenkeyless
画像
メーカーFILCO(ダイヤテック)
キー数91キー
キースイッチ5種類(・黒・静音赤
配列2種類(日本語・英語)
サイズ幅359×奥行137×高さ38.5mm
重量980g
価格(2022年 Amazon調べ)¥12,236
きの

ちなみに、軸によってはフルサイズバージョンもあります。

キーボードについて、ざっくり解説

せっかくなので、キーボードの解説をざっくりと・簡単に行います。

キーボードの種類について

キーボードはそもそも、大きく4つの種類に分けられます。

キーボードの種類
  • メンブレン
  • パンタグラフ
  • メカニカル
  • 静電容量無接点

各種類について、要点を簡単にまとめました。

スクロールできます
種類メンブレンパンタグラフメカニカル静電容量無接点
画像
特徴安価なキーボードは大体これ
水に強い
ノートPC・薄型キーボードに多い
メンブレンに”パンタグラフ”が加わったもの
各スイッチが独立した機構
軸により打鍵感が大きく変わる
カスタマイズ性が高い
各スイッチが独立した機構
接点が存在せず、打鍵感が独特
耐久性が高い
価格安価安価高いかなり高い
キー押し戻しの機構ラバーラバー+パンタグラフスプリングスプリング
耐久性普通普通高い高い
タイピング音パチャパチャパタパタ軸によるコトコト
カスタマイズ性ほぼ無しほぼ無し高い低い
有名な製品・ブランドLogicool MK295Logicool KX700
Anker ウルトラスリム
Apple Magic Keyboard
FILCO
Keychron
ARCHISS
REALFORCE
HHKB
NIZ

ちなみに今回紹介するMajestouch Convertible 2 Tenkeylessは「メカニカル」に該当します。

キーボードのスイッチ(軸)について

メカニカルキーボードの特徴として、様々な「スイッチ(軸)」が存在していることが挙げられます。

それら軸は性質によって色が付けられていて、色によって打鍵感や感度が大きく異なるんです。

majestouchの軸
これは茶色なので、茶軸。

そんな軸を作るメーカーはたくさん存在しているのですが、FILCOは「CHERRY MX」という軸を使用しています。

CHERRY MXスイッチとは

CHERRY MXスイッチとは、ドイツのCHERRY社が作っているメカニカルスイッチです。

CHERRY MXロゴ
CHERRY公式より

恐らくメカニカルキーボードのスイッチとしては一番有名で、キーボード愛好家で知らない人は0%だと思います。

他キースイッチの紹介をする際、「CHERRY MX」は必ずと言っていいほど引き合いに出されるので、ぜひ覚えて帰っていただければと思います。

各軸について

CHERRY MXスイッチにおける、各軸の特徴を表にまとめました。

スクロールできます
軸の種類静音赤
画像
押下圧(※1)45cN60cN55cN60cN45cN
ストローク(※2)4.0mm4.0mm4.0mm4.0mm3.7mm
接点(※3)2.0mm2.0mm2.0mm2.2mm1.9mm
タイピング音カンカンカンカンカコカコカチカチストスト
タイピング音の大きさ
一部FILCO公式サイトより引用

※1 押下圧:キーを押す時の圧。高いとキーが重いが、反発も強く、テンポ良くタイピングできる。

2 ストローク:キーが押し込まれるまでの距離。長いと「タイピングした感」が生まれる。逆に短いほうが指が疲れない。

3 接点:キーボードを押し込んだ時に「押し込んだ」と認識される距離。要するに押下感度。短いほうが高感度だが、ミスタイプも増えがち。

軸選択フローチャート

スペックを並べられても「なんのこっちゃ」だと思うので、私なりに軸の選び方フローチャートを考えてみました。

軸選択フローチャート

求めるタイピング音は?

まずは、貴方が求めるタイピング音から、考えていきます。

①求めるタイピング音は・・

A:メカニカル感を犠牲にしても、音は極力抑えたい:静音赤軸
B:いや!メカニカル感のある「カチカチ」を響かせたい!:青軸
C:うーん・・中間くらい?:黒軸・赤軸茶軸(②へ進む)

まず、静かなオフィスで業務される方は、ノータイムで静音赤軸を選んだ方が無難です。

きの

メカニカルはどの軸を選んでも、割と音が大きめなんですよね。

また、青軸は想像以上に音が大きいので、メカニカル(的なカチカチ)感を存分に味わいたい方が選択すべきかと。

大勢の方がいる場面では、少しうるさいかもしれません。

求めるタイピング感は?

音で決まらなかった場合は、求めるタイピング感(感触)で絞り込みます。

②求めるタイピング感は・・

A:しっかり押した感が欲しい:黒軸
B:軽めにタイピングしたい:赤軸
C:正直、迷ってます:茶軸

黒軸と赤軸の大きな違いは「押下圧」なので、しっかり押して反発も欲しい方は黒軸、手の負担を減らしつつ軽くタイピングしたい方は赤軸が良いかと。

そして「いや、決められないよ!」という方は、中間的な性質茶軸をおすすめします。

まず茶軸を購入し、ちょっと音が大きいな・・と思えば黒・静音赤軸に、クリッキーさがもっと欲しければ青軸に、とステップアップしていけば良いと思います。

きの

ということで、今回紹介するのも「茶軸」です。

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessのレビュー、メリット・良い所

それでは、Majestouch Convertible 2 Tenkeylessのレビューとメリット・良い所をご紹介します。

内容物:Key Pullerがうれしい

内容物は下記の通り。

内容物
  • Majestouch Convertible 2 Tenkeyless本体
  • USBケーブル(1.8m)
  • FILCO Key Puller
  • 交換用キーキャップ(Ctrl・CapsLock・Alt・Fn)
  • 試供用単三乾電池 2本
内容物

この「Key Puller」はキートップを引く抜く器具なのですが、実は製品としてかなり優秀で、バラで買う人もいるレベルなんです。

よって、付属品として手に入れられるのは、結構うれしいですね。

キープラー

シンプルでカッコ良く、コンパクト

本体ですが、黒いボディが非常にクールでシンプル

クールな外観

ごてごてしていないキートップの印字も、良い感じです。

シンプルなキートップ

接続状況やLockステータスを見分けるためのLEDは、本体右上部に位置しています。

ステータスLED

また、有線接続部とBluetoothスイッチは、キーボードの上側に。

裏面にはDIPスイッチがあります。(詳細は後述)

DIPスイッチ

本体ですが、テンキーがないのでコンパクト

横幅は約35cmと、フルサイズキーボードより約5〜10cmも小さいです。

フルキーボードとの比較

DeleteやHome/Endはそこそこ使用頻度も高いので、物理キーで存在していると安心感がありますね。

Deleteキー等
きの

HHKBではここら辺のキー、存在していないんですよ。

ただ当然の如く、HHKB等のコンパクトなキーボードと比べると、キーボード・マウス間の距離が遠くなってしまいます。

ここら辺は一長一短ですね。

マウスとの距離

高さがあるので、パームレストは必須

本製品は割と高さがあるので、パームレストがあるとタイピングが安定します。

むしろパームレストが無いと手首を痛める可能性があるので、必需品かと。

パームレスト無し

ちなみにオススメは木の素材のパームレストです。

木のパームレストをおすすめする理由
  • 夏場、汗でベタベタしない
  • 冬に使っても木のぬくもりでひんやりしない
  • インテリアとして非常におしゃれ
パームレストあり

経験則ですが、柔らかいものだと沈み込んでしまったり、汗をばりばり吸ってしまったりと、使い勝手・気持ち共にあまり良くなかったんですよね。

よって私は、木製パームレストをおすすめします。

DIPスイッチで、キーコードの変更が可能

裏面に付いているDIPスイッチを切り替えれば、特定キーのキーマップを変更することができます。

DIPスイッチ変更内容
SW1Windowsキーとアプリケーションキーをロックし、無効にする
SW2CapsLockキーと左Ctrlキーを入れ替える
SW3Escキーと半角/全角キーを入れ替える
SW4Fnキーの場所を変更する
FILCO公式より

ちなみに私は「SW2」と「SW3」をオンにしています。

私のDIPスイッチ
見にくいですが、2と3がON側にあります。

これによって、絶対に使わないであろう「CapsLock」を「Control」に、「半角/全角」を「Esc」に置き換え、アクセス簡易化・及びタイプミスを減少させました

下記のようにキートップも変更させれば、ばっちりですね。

デバイス登録・切り替えは簡単

デバイス登録・切り替えも簡単です。

デバイス登録手順
  1. 「Ctrl」「Alt」「Fn」同時押し ※
  2. 登録したい数字キー(1〜4)を押す
  3. 登録したい機器を操作し、Bluetooth接続をする

※初回のみ、デバイスクリアボタンの押下が必要

登録後は、手順1・2を行えば、登録した機器に直ぐに接続できます。

LEDランプ点灯
デバイス切替時は、LEDが光ります

また、スマホやタブレットにも接続できるので、特にタブレットをPCのように使用する際、とっても重宝します

スタンドとmajestouch

タブレットは基本的にMagEZ Standにセットしているので、直ぐにPCライクに使えてとっても便利ですね。

茶軸の打鍵はコツコツ心地よい

Cherry社製の茶軸は、「メカニカル」感があるコツコツ音が特徴です。

キーを押す毎に金属部分とスイッチ部分がぶつかり、茶軸特有のコツコツ音が鳴ります。

茶軸機構
CHERRY社公式より

実際の茶軸のタイピング音は、こんな感じです。

どうでしょうか。とっても心地よいコツコツ感ですよね。

この感じを味わってしまうと、メンブレンやパンタグラフ等のお安いキーボードには戻れなくなります。

きの

これを「キーボードの不可逆性」と言うとか言わないとか・・・

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessのデメリット・もうちょっとな所

続いて、Majestouch Convertible 2 Tenkeylessのデメリット・もうちょっとな所は下記の通りです。

携帯性は皆無

重さは約1kgと、持ち運ぶのは厳しいです。

重さ

ただ、家で使用する分には問題なく、寧ろ本体が重いほうがキータッチが安定するので、メリットにもなり得るポイントかと思います。

実際、ワイルドにタイピングしてもほぼ動くことはほぼ無いので、据え置きで使用するのにぴったりな製品ですね。

Macでは使いづらい

Windows用のキーボードなので、Macでは扱いづらいです。

Windowsキー

別途キーマップ変更ソフトを噛ませれば使えますが、キートップと入力内容がズレることになるので、ちょっと不便ですね。

したがって、Majestouch Convertible 2 Tenkeylessを快適に扱いたいのであれば、Windowsでの使用がおすすめです。

キーマップ変更に外部ソフトが必要

前述の通りですが、キーマップを変更する際は別途アプリケーションを噛ませる必要があります。

よって、会社PCに外部アプリケーションを入れられない場合は、キーマップの変更ができません

会社PCがWindowsならさほど問題ないのですが、Macの場合は特に絶望的なので、その場合は素直に他キーボードの使用をおすすめします。

個人的には、キーマップを内部に保存できるキーボード、例えば静電容量無接点方式のHHKBなんか良いかと。

きの

唯一無二とも言える「コトコト」感、最高ですよ。

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessを買って幸せになれる人

ということで、下記一つでも当てはまった方は、「Majestouch Convertible 2 Tenkeyless」を買うと幸せになれるでしょう。

本商品を買ったら幸せになれる人
  • メカニカルキーボードデビューを決めたい人
  • コスパの良い、国産キーボードを探している人
  • 複数端末にてキーボードを使用したい人

Amazonで約12,000円とメカニカルキーボードにしては安価にも関わらず、さすが国産、しっかりした作りが特徴です。

majestouchロゴ

有線・Bluetoothどちらでも使用可能で、かつデバイスは4種類まで登録できるので、非常に便利。

自宅PCや会社PCを使い分けたり、タブレットやスマホも接続することを考えている場合はピッタリかと思います。

majestouchタイピング風景

デメリットとしては、Macでは使用し辛い所。

ただ、外部アプリケーションにてキーマップを変更させれば使用できるので、「会社はWindows・自宅はMac」という場合でも問題ないかと思います。

Majestouch Convertible 2 Tenkeylessレビューまとめ

安心の国産でオーソドックスなメカニカルキーボード、Majestouch Convertible 2 Tenkeylessを紹介しました。

「どのメカニカルキーボードにすれば良いか迷っている」方にはノータイムでおすすめできる、そんな製品です。

デスクとmajestouchとZOOE

あなたもMajestouch Convertible 2 Tenkeylessを購入し、快適でワクワクするタイピング生活をはじめてみませんか?

\読み終わりましたら下記バナーをタップで/

\応援いただけますと励みになります!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次