\ ポイント最大9倍! /

【レビュー】OOFOS リカバリーサンダルの履き心地が快適すぎて、他のサンダル履けない【OOriginal】

当記事のリンクには広告が含まれています

夏場は基本サンダルで過ごす筆者(@kino_tsuyo)の悩みは、長時間歩くと足が痛くなることでした。サンダルの快適さは好きなのですが、まあ、痛みとはトレードオフかな、と。

そんな時、リカバリーサンダルなんていう製品があるとの噂をキャッチ。どうも、足を労るサンダルらしい。

ということでリカバリーサンダル大手OOFOS(ウーファス)の「OOriginal」を購入してみたのですが、これ、最強でした

もっと早く出会いたかったですし、これからもヘビリピし続けたいですし、欲を言えばシャワーサンダル等の他バージョンも購入したい、そう思わせてくれる素晴らしさ。

秘密はフカフカのソール。これのおかげで、長時間歩いてもかなり快適なんです。

きの

スニーカーより足が痛くないサンダル。魔法かな。

今回は、そんなOOFOS OOriginalの素晴らしさをお伝えしつつ、ちょっとだけ気になる部分もありましたので、その点も含めて写真入りでレビューしていきます。

OOFOU OOriginal
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 長時間歩行しても、足が痛くならない!
  • 洗うのが簡単・すぐ乾く
  • 軽くて持ち運びにも便利
デメリット
  • ペタペタ音が鳴るのは玉に瑕
タップできる目次

OOFOSというメーカーについて

まずは、OOFOSというメーカーについて、簡単にさらっていきましょう。

OOFOSとは

OOFOSは、アメリカのリカバリーシューズメーカーです。

画像:OOFOS公式より引用

とりあえずリカバリーサンダルが欲しいとなれば、まず最初に出会うメーカーかと思います(私もそうでした)。

創業メンバーはスポーツ選手やトレーナー、シューズメーカー等のベテランチームから成っており、とにかく足を労るための技術が半端じゃないメーカーです。

実際、OOFOSはリカバリーシューズのパイオニアとして君臨しつつ、リカバリーサンダル市場を牽引しているメーカーという印象ですね。

きの

つまるところ、迷ったらOOFOS社製のサンダルを買っておけば間違い無い感じです。

特殊素材、OOformについて

OOFOS社の一番の武器は、リカバリーサンダルに使われている特殊素材「OOfoam」です。

OOfoamは優れた衝撃吸収能を持っていて、一般的なソールよりも衝撃を37%抑えられるとのこと。

画像:OOFOS公式より引用

OOfoamの上にゴルフボールを落としてもほぼ跳ね返らないことからもわかるように、 衝撃を分散する能力がとても高いのが特徴。よって足や膝をはじめ、腰や背中の負担をバッチリ軽減することが可能なんです。

画像:OOFOS公式より引用

OOFOSのラインナップ比較

今回私は「OOriginal」という、いわゆるオーソドックスなビーチサンダル型の製品を購入しました。

オリジナル(Original)が、ビーサンって訳ですね。

OOFOSのサンダルは他にも色々ラインナップがあります。

スクロールできます
ラインナップ画像特徴価格詳細リンク
OOahhシャワーサンダル型7,480円 Amazon 楽天 Yahoo
OOriginalビーチサンダル型7,480円 Amazon 楽天 Yahoo
OOlala鼻緒部分がおしゃれなビーチサンダル9,130円 Amazon 楽天 Yahoo
OOmegaソール部分がおしゃれなビーチサンダル10,450円 Amazon 楽天 Yahoo
OOcloogスリッパ式のサンダル8,580円 Amazon 楽天 Yahoo

この中からOOriginalを選択した理由ですが・・・

OOriginalを購入した理由
  • シャワーサンダルだと、炎天下で蒸れてしまいそう
  • とりあえずオーソドックスな製品を買ってみたい
  • Amazonで約6,000円強(2023/8時点)と割とお手頃
  • 夏といえば、やっぱりビーチサンダル

という感じです。

きの

夏はビーサンですよね、やはり。

OOriginalのデザイン・ディティール

それでは、OOriginalのデザインとそのディティールを見ていきましょう。

見た目は至って普通のビーチサンダルです。鼻緒がソールと一体型になっているので、シームレス感がシンプルで良いですね。

側面には「OO」ロゴ。黒以外の色が使用されているのはロゴのみですが、非常にシンプルで全く気になりません。むしろ可愛いまであります。

鼻緒の部分は細くなっており、指の間を圧迫しません。よって長時間履いていても快適。こういった細かな配慮も含めての「リカバリー」なんだと思います。

ソール部分は結構高めで、約3cmくらいです。

ビーチサンダルってぺったんこなイメージがあったので、OOriginalを履いてビックリしました。身長底上げにも良いですね。

裏は網目模様になっており、多少の滑り止めにはなります。

ただあくまで“多少“レベルであり、スニーカー等と比べれば滑りやすいのは確か。雨の日のフローリングは気をつけた方が良さそうです。

とってもシンプルなデザインなので、ちょっとそこまでの買い物にも、割としっかり目のレジャーシーンでも活躍できる、万能サンダルだと思いました。

使用感のレビュー

それでは、使用して気付いたことをご紹介します。

長時間歩行しても、足が痛くならない!

何よりもお伝えしたいのが、この「長時間歩行でも足が痛くならない」ところ。

フカフカソールのおかげで足にかかる負担がかなり軽減され、まあとにかく快適です。

以前私はコルクサンダルを使用していたのですが、硬さゆえに長距離歩くとどうしても足が痛くなっていました。 OOriginalならそんなことはありません。だって、尋常じゃないレベルでフカフカなんですもの。

先日もOOriginalを履いて3km位歩いたのですが、足の裏の痛みはほぼ発生しませんでした。

安いスニーカーよりも、断然足への負担は少ないと思います。

洗うの簡単・すぐ乾く

OOformという特殊素材のおかげで、お手入れがとっても簡単です。

サンダルは裸足で履くという性質上汚れやすいモノですが、これが皮やコルクだったら気軽に洗えませんし、ナイロン等の素材が使われていたら乾くのに時間を要しますよね。

その点、ウーファスは洗うの簡単・乾くの速攻ということで、超気軽にお手入れができちゃいます。

この手軽さ、家で使うのも勿論ですが、外出時にも役立ちます。

出先で使って、帰りは洗ってリュックにイン、的な使い方もできるという利便性。 正直、何足も欲しくなっちゃいますね。

ペタペタ音が鳴るのは玉に瑕

あまりデメリットは見当たらないのですが、強いていえば歩き方によってはペタペタ音が鳴ります。靴底と足裏がくっつく時に鳴る音ですね。

ただこれOOriginalに限った話ではなく、踵が固定されていないビーチサンダルは全般的に音が鳴るので、まあそんなもんなんだなあと思いながら使用しています。

どうしてもペタペタ音が気になるようでしたら、シャワーサンダルのようなOOahhがオススメ。

OOahhであれば足の甲まで固定してくれるので、ペタペタ音は鳴りにくいと思います。

本記事の結論

本記事の結論

買ったら最後、これ以外のサンダルは履けなくなる。

OOFOSのリカバリーシューズ「OOriginal」は、買ったら最後です。快適すぎて、これ以外のサンダルは履けなくなります

フカフカソールが心地よく、長時間履いても足の疲れ知らずなんですよね。

本体重量も軽くお手入れも簡単なので、持ち運びにも適しています。夏のキャンプやレジャーにも良いかと。

そしてなんと言っても、8,000円を切る価格帯。

きの

コスパ、尋常じゃないと思います。

まとめ

最後に、デメリット・メリットをおさらいしましょう。

デメリット
メリット
  • ペタペタ音が鳴るのは玉に瑕
  • 長時間歩行しても、足が痛くならない!
  • 洗うのが簡単・すぐ乾く
  • 軽くて持ち運びにも便利

リカバリーサンダル、正直、ここまで心揺さぶられるとは思っていませんでした。こんなに快適なサンダルがあるのであれば常夏でオッケーです。

オールシーズン履いていたい、そんな神アイテムでしたね。

貴方もOOFOSのリカバリーサンダルを購入して、今年の夏は快適な足元で過ごしてみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次