\ ポイント最大9倍! /

PITAKA AppleWatchバンド(ラプソディ)レビュー。カジュアルでシック、そして軽い【PR】

当記事のリンクには広告が含まれています

AppleWatchのバンドで「頑丈さ」と「おしゃれさ」が両立するものって、そうそうないんですよね

  • 頑丈さに重きを置く→デザインが無骨になりがち
  • おしゃれさに重きを置く→耐久性が不安になりがち

ただ、今回紹介する「PITAKA カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)」は一挙両得、頑丈さ・おしゃれさを両立させたAppleWatchバンドとなっています。

しかも、とても軽い。この見た目でなんと32g。Apple公式のスポーツバンドと大して重さが変わりません。

これらの特徴は、素材の「カーボンファイバー」と「アラミド繊維」のおかげなんです。

よって今回は、そんなカーボンファイバーウォッチ(ラプソディ)の詳細・使用感とレビュー・および使ってみてわかったデメリットをお伝えしていきます。

協力・製品提供:PITAKA

カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)
総合評価
( 4 )
メリット
  • カジュアルで、かつ高級感がある見た目
  • かなり軽い!
  • 装着はマグネットスクラブ式で簡単
  • 専用壁紙との相性が抜群
デメリット
  • バンド調節の難易度は高め
  • デザイン:ビジネス用途には向かないかも
  • (相変わらず)値段が高い
タップできる目次

PITAKA カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)の概要

まずは、カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)の概要です。

カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)とは

カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)とは、カーボンファイバーとアラミド繊維を用いた、カジュアルなAppleWatchバンドです。

特徴は下記の通り。

カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)の特徴
  • 耐久性の高い1Kカーボンファイバーを使用
  • バンド表面はカラフルなアラミド繊維層(浮織™︎)
  • Apple Watchの全モデル(8-1、SE、Ultra)対応
  • 特許取得済みの安全なマグネットクラスプで簡単着脱

ちなみに、本製品には前モデルとして「カーボンファイバーウォッチバンド(無印)」が存在しています。こちらはカラフルなアラミド繊維が使われておらず、とってもシンプル。

そんな無印もレビューしているので、興味があれば是非ご覧くださいませ。

カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ) のスペック

製品名カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)
画像
対応Apple Watch シリーズ8/7/6/SE/5/4/3/2/1(42/44/45/49mm、38/40/41mm)
長さ189.5mm
厚さ4mm
22mm
重さ32.4g
素材カーボンファイバー、アラミド繊維、ステンレススチール
保証期間1年
価格15,999円
購入先 Amazon 楽天

付属品

付属品
  • カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)
  • 予備のコマ
  • 調整用ピン
  • 取扱説明書

デフォルトでバンドに付いているコマは42/44/45/49mm用であり、一方予備のコマは38/40/41mmに対応する小さいサイズです。どちらのサイズも入っているのは気が利きますね。

レビューとメリット

続いて、カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)のレビューとメリットをご紹介します。

ラプソディ柄:割とカジュアル寄りのデザイン

まずはデザイン。本製品、カーボンファイバー層の上にアラミド繊維が乗っかっている構造となっています。

画像:PITAKA公式より

よって、表面のカラフルな部分はアラミド繊維が織り重なっているものです。

これはPITAKAの「浮織™︎」と呼ばれている独自技術、とのこと。

画像:PITAKA公式より

ラプソディ柄は「青」「クリーム」「ピンク」「赤」が使用されていて、ジグザクとした、割とカジュアルなデザインです。

ただ、全体的にパステル調の色味が使われているため、主張が強い訳ではありません。よって、大体の服装に難なく合わせられると思いました。

アラミド繊維の質感が高級感◎、しかも軽い!

バンド表層のアラミド繊維部分は、見た目からも手触りからも高級感が感じられます

質感はどちらかといえばマットであり、これも高級感に寄与しているポイントです。

バンド裏側はカーボンファイバー層ですが、こちらも黒×灰色で織り込まれています。

見えない所までオシャレということで、デザインに対する並々ならぬこだわりが感じられますね。

そしてバンド重量は脅威の約26g(※1)。

※1:私の腕の太さに合わせて長さ調節した際の重さ(購入した状態からコマを5個抜いた状態)で比べています。

これがどれだけすごいかと言えば、Apple公式のスポーツバンドとほぼ変わらない重さなんです。この見た目で

きの

魔法でも使っとんのか・・・

軽さゆえに、バンドの着け心地は非常に快適。

この「高級感があるのに、軽い付け心地」は唯一無二の特徴だと思います。

バンド長の調節はコツが必要

バンドの長さの調節は少々コツが必要でした。

こちらの方法に関しては、前製品の柄無しバージョンと同様でしたので、過去記事のこちらよりご覧くださいませ。

装着はマグネットスクラブ式で簡単

バンドの装着はかなり簡単で、 バンド両端に付いているロック機構をカチッと留める方式です。

留めると言っても、さっと押し込むだけで簡単に装着できます。

逆に外す際はロック機構両脇のボタンを押し込む必要があるので、外れにくい構造で良いですね。

また、ロック機構部分にマグネットが付いているので、片手で簡単に留めることも可能となっています。

要するに「装着は簡単で外れにくい」という、良いとこ取りの機構でした。

専用壁紙との相性が抜群

装着するとこんな感じで、ポップさとシックさのバランスが絶妙でした。普段使いにとっても良いなあ、と。

個人的には、カジュアルな服装にマッチするデザインだと思います。白シャツみたいなシンプルな服装のアクセントとしてピッタリですね。

更に、PITAKAのWebサイトにて、ラプソディ柄にピッタリの専用壁紙が用意されています。これがかなりお見事で、バンドと壁紙の有色部分がシームレスにマッチしていて、とってもオシャレ

AppleWatchの背景とバンドの柄をマッチさせるという発想が素晴らしいですよね。トータルコーディネート感が気持ち良すぎで、かなりテンションが上がりました。

デメリット

PITAKA カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)のデメリットですが、柄無しバージョンとほぼ同様です。

バンド調節の難易度は高め

バンド調節はクセがあるので、難易度は高めです。

ただ頻回に調節するものでもないので、一度調節してしまえば当分問題ないかと思います。

現に私は無印カーボンファイバーウォッチバンド、初回調節してから一度も再調節していないので、初回以来めんどくささは感じていないです。

きの

一回きりの高難易度と割り切りましょう…

デザイン:ビジネス用途には向かないかも

ラプソディ柄は、良くも悪くもカジュアル。よってビジネス用途としては少々派手かもしれません。

ビジネスで使うのであれば、無印カーボンファイバーウォッチバンドの方が良いと思います。

こちらはスーパーシンプル・無骨感高めなので、ビジネスシーンにピッタリ。私もフォーマルシーンで愛用しています。

(相変わらず)値段が高い

価格は15,999円と、かなり高め

ちなみに柄無しバージョンが9,999円なので、アラミド繊維分の価格が上昇しています。

高級バンドの部類なので慎重に購入すべきかと思いますが、下記の方にはピッタリかと。

  • 割とカジュアルめなAppleWatchバンドを探している方
  • 末長く使いたい為、耐久性が高いバンドが欲しい方
  • 他の人が使っていないモノに惹かれる性分の方

耐久性が高くカジュアルめなAppleWatchバンドはそうそう見かけないので、もしラプソディのデザインに惹かれたのであれば間違いなく買いだと思います。

総評

本バンドを総評すると「シックでカジュアルなAppleWatchバンドで、他の人と差をつけよう!」という感じです。

素材自体はアラミド繊維×カーボンファイバーということで無骨・シンプルな感じですが、ラプソディ柄が載ることでかなりカジュアルな印象に。

よって服やバッグと統一感を出したり、差し色的な使い方が映えるAppleWatchバンドだと思います。

更に専用の壁紙を使用すればAppleWatch全体がラプソディ柄に統一され、一体感が増します。

ついついトータルコーディネートして装着したくなる、そんなワクワクが止まらないバンドだと感じました。

なかなか他ではお目にかかれないデザインなので、唯一無二のデザインで他の人と差をつけたい方にはどストライクかと思いますよ。

PITAKA カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)のまとめ

最後に、カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)のデメリット・メリットをおさらいしましょう。

デメリット
メリット
  • バンド調節の難易度は高め
  • デザイン:ビジネス用途には向かないかも
  • (相変わらず)値段が高い
  • カジュアルで、かつ高級感がある見た目
  • かなり軽い!
  • 装着はマグネットスクラブ式で簡単
  • 専用壁紙との相性が抜群

今回の柄はラプソディでしたが、実は浮織™︎には他にも色々バリエーションがあるので、他デザインのラインナップも期待しちゃいます。

また、時たま限定デザインのiPhoneケースが発売されるので、同様にAppleWatchバンドでも限定モノが出たら良いなあーとも思ったり。

きの

今後に期待です

貴方も、ラプソディ柄のカーボンファイバーウォッチバンドで手元を鮮やかに彩り、オシャレさを演出してみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次