\ お買い物マラソン開催中! /

GOOJODOQ スタイラスペン GD13 レビュー!サードパーティー製の大本命ペン【PR】

超お得/おすすめサービス
  • Amazon audible:聴く読書。通勤・通学・家事中にながら読書が可能な神サービス。
    • 初めての方は30日間無料!登録・詳細はこちらから。
  • Kindle Unlimited:200万冊の本が月額制で読み放題。月2冊程度読めば元が取れます
    • 30日間無料無料体験実施中!登録・詳細はこちらから。

値上げの余波でもはや高級品となったApplePencil。

しかし、それに一矢報いるサードパーティ製のスタイラスペンが存在します。

それがGOOJODOQ スタイラスペン GD13です。

「GDスタイラスペン」とiPadにメモ

なんとこの商品、サードパーティ製ながらワイヤレス充電が可能というスグレモノ。

しかも「パームリジェクション機能」や「傾き感知機能」も備わっており、価格はなんと3,999円

きの

仕事で使うなら、本当にこれで十分。

ただ、純正ApplePencilに劣る部分も、もちろんあります。

今回は本製品のサンプルをご提供いただきましたので、そんなコスパ最強のGOOJODOQ スタイラスペンをレビューし、メリット・デメリットについてお話します。

筆者はiPadをメモ用途で使用しているので、メモ用途基準でのレビューになります。

メリットデメリット
ワイヤレス充電が可能

パームリジェクション・傾き感知機能あり

ペアリングせずに使用できる

価格は純正の約1/5程度
タップ検知機能が無い

使用する度にスイッチをオンする必要あり

やはり、絵描き用途には厳しい
タップできる目次

GOOJODOQ スタイラスペン GD13の特徴

まずは、GOOJODOQ スタイラスペン GD13の特徴を紹介していきます。

GOOJODOQってどんな会社?

GOOJODOQのロゴ

GOOJODOQという会社、検索でも全く出てこなかったので担当者に確認した所、中国のメーカーとのことでした。

Amazonで検索してみるとiPad関連グッズがヒットするので、タブレット関連の周辺機器を扱っているメーカーっぽいですね。

きの

情報は以上です。

GOOJODOQ スタイラスペン GD13って?

スタイラスペンGD13とは、サードパーティー製のiPad用スタイラスペンです。

新型iPad専用スタイラスペンの説明画像
Amazonより

特徴は下記の通り。

GD13スタイラスペンの特徴
  • 磁気吸着ワイヤレス充電が可能
  • パームリジェクション傾き感知機能あり
  • ペン頭のインジケーターランプにて、バッテリー状態の確認ができる
  • 価格は3,999円と、コスパがかなり高い

要するに、ワイヤレス充電が出来る、コスパ最強のスタイラスペンという感じですね。

GD13の対応機種

適用モデルの説明画像
Amazonより

GD13の対応機種は下記の通りで、ApplePencil(第2世代)が対応している機種ならOKです。

GD13の対応機種
  • iPad Pro 12.9 inch(第3世代/第4世代/第5世代)
  • iPad Pro 11 inch(第1世代/第2世代/第3世代)
  • iPad Air 10.9 inch(第4世代/第5世代)
  • iPad mini第6世代

本製品は充電方法がワイヤレスのみなので、ApplePencil(第1世代)対応のiPadだと充電が出来ないんですよね。

よって、上記機種でしか使用できないと思って良いかと思います。

GD13と本家ApplePencilとの違い

まずは、GD13と本家ApplePencilの違いを見ていきましょう。

見た目の違い

見た目の違いは、大きく4点程です。

GD13とApplePencilの違い
  1. ロゴ
  2. 本体の質感
  3. ペンの頭部分のスイッチ
  4. ペン先の軸

ロゴ

まずは、当たり前なのですが、記載されているロゴが違います。

ApplePencilは「リンゴマーク」と「Pencilである」旨、GOOJODOQには「社名」が印刷されています。

2種類のスタイラスペン

気になったのは、各ロゴが上下逆なこと。

ApplePencilは右手で持った時にロゴが自分側から読めるのですが、GOOJODOQはロゴが上下逆になります。なぜなのか・・。

GD13を握った画像
左利きを想定して作られている・・?

本体の質感

ペン本体の質感ですが、ApplePencilはマットで、GOOJODOQは光沢があります。

2種類のスタイラスペンの質感の違い
上がGD13。光が反射しています。

見た目に関して言えば、マットなApplePencilの方が高級感があって好みですね。

ただ、光沢があるからといって指から滑り落ちやすい等は無いので、使用感はあまり変わらない印象です。

ペンの頭部分のスイッチ

GD13のみペンの頭部分に押下式のスイッチが付いていて、押すことでスイッチ周りのインジケーターランプが点灯します。

これによって、バッテリーや充電状態をインジケーターランプで確認することが可能です。

スイッチ部分のクローズアップ

ペアリングすればiPadにてバッテリーの確認は可能なのですが、実はGD13はペアリングしない方が使い勝手が良いので(後述)、バッテリー残量を確認する上で必須な機能ですね。

ペン先の軸

ペン先を取ると見える「軸の構造」が違います。

2種類のスタイラスペンのペン先を取った所
上がGD13、下がApplePencil

ApplePencilの方が金色で高級感はありますが、常時見える部分でも無いので、まあどっちでも良いですね。

きの

快適に使えれば、それでOK。

スペックの比較

さて、見た目以外のスペックを比較していきます。

製品名GD13ApplePencil
画像
メーカーGOOJODOQApple
重さ(実測値)13.5g18.1g
ワイヤレスチャージ(吸着充電)できるできる
傾き感知できるできる
筆圧感知できないできる
タップ検知(※1)できないできる
パームリジェクション(※2)できるできる
ペン先交換できるできる
価格(Amazon)3,999円19,077円

※1:本体のダブルタップでペン⇔消しゴムを入れ替えたりする機能

※2:画面に手を置いてもそちらには反応せず、ペン先のみに反応する機能。要するに誤作動防止。

細かい機能は省かれていますが、GD13はワイヤレスチャージ・パームリジェクションが使用できてこの値段なのは素晴らしすぎます。

本家ApplePencilを買う値段で、GD13を4本買えちゃいますからね。買うかどうかはさておき。

GOOJODOQ スタイラスペン GD13のレビュー、メリット・良い所

それでは、GOOJODOQスタイラスペンのレビューとメリット・良い所をご紹介します。

内容物:ペン先が1本付いてくるのは嬉しい

内容物は下記の通り。

内容物
  • GOOJODOQスタイラスペン本体
  • ペンケース
  • ペン先×1
  • 取扱説明書
GD13の内容物

デフォルトでペン先がついてくるのはありがたいですね。

きの

ただ、無くしそうなくらい小さいので、要注意です。

ぱっと見、純正品との違いはほぼわからない

見た目ですが、ぱっと見では純正品とほぼ変わりません

強いて言えば、前述の通り本製品は光沢があるので、ちょっとチープに見えるかな、程度です。

GD13とApplePencilを並べた所
ちなみに、下がGD13です

手触りはツルツルしています。

滑りやすいかと言われればそうなのですが、そもそも純正品も滑りやすいので、本商品が劣っている訳ではないかと。

GD13を手に持つ
指紋が目立つ感じではないです

ペン頭頂部のランプは思ったより便利

ペンの頭頂部にはランプが付いていて、押し込むことでバッテリーの充電状態を確認できます。

インジケーターランプが緑点灯
ライトの色充電状態
緑色100% ~ 70%
青色70% ~ 20%
赤色20%未満

バッテリーは、GD13とiPadをペアリングすればiPadでも確認が可能です。

ほぼApplePencilライクに使えますね。

iPadのバッテリー確認画面

吸着充電ができるのは、優秀!

そしてなんといっても、ワイヤレス吸着充電ができるのはかなり優秀ですね。

サードパーティー製のスタイラスペンは有線で充電する方式が多かったので、本商品は頭一つ突き抜けてる印象。

iPadにGD13を装着

iPad本体に吸着させるとランプが光り、充電できているかを確認することが出来ます。

いちいち光ってうるさい気もしますが、充電できているかどうかを確認する上ではまあアリかな、と。

iPadにGD13を装着し、インジケーターランプが点灯
緑のランプって、気分上がりますよね

メモ用途であれば、書き心地はほぼ問題なし

気になる使い勝手ですが、メモ用途であればほぼ違和感なく使用できます

書き心地は問題ない旨をiPadでメモ

メモであれば筆圧感知もあまり必要ないですし、寧ろ筆圧感知がない分、筆圧が強い方も細めに字がかけるというメリットもあったりします。

下記は同じ筆圧で書いた、GD13とApplePencilの比較です。

きの

ちなみに、筆者は筆圧が強めです。

筆圧感知ある・無しの比較
上がGD13、下がApplePencil。同じ筆圧でもここまで違う。

かなり太さが違いますよね。

よって、サラサラと細い字が書きたい場合は、GD13を使用しつつ文字書き用途のペーパーライクフィルムを併用するのがベストかと思います。

ペアリングをしてもしなくても使用可能ではあるが・・・

本製品はペアリングをしてもしなくても使用可能なのですが、ペアリングにはメリットもデメリットも存在しています。

GD13ペアリングのメリット・デメリット
  • メリット:電池残量をiPadにて確認できる
  • デメリット:ソフトウェアキーボードの挙動がおかしくなる

デメリットの「ソフトウェアキーボードの挙動がおかしくなる」というのは、GD13をペアリングしているとなぜかソフトウェアキーボードが一発で開かない、という挙動のことです。

開かないソフトウェアキーボード
入力しようとすると、この画面になってしまう

よって、文字入力にソフトウェアキーボードを使用する場合(外付けキーボードを使用しない場合)は、ペアリングはしない方が良いかと思います。

毎回「キーボードを表示」のタップが必要
キーボードを使う度に、この操作が入ります。

というか、ペアリングしてもメリットはバッテリー確認だけですし、前述の通りペン頭ノックで残りバッテリーは確認できるので、ペアリングする必要性は薄い気がしますね。

GOOJODOQ スタイラスペン GD13のデメリット・もうちょっとな所

続いて、GOOJODOQ スタイラスペンのデメリット・もうちょっとな所は下記の通りです。

タップ検知機能が無い

タップ検知機能がないのはマイナスポイントです。

要するに、本体のダブルタップでペン⇔消しゴムの切り替えが出来ません。

GD13を握って、タップできない
トントン、ができない

私はメモ用途にGoodNoteを使用しているのですが、その際にペン→消しゴムを簡単に切り替えられないのは結構不便ですね。

きの

ここは、純正品の唯一無二の機能かと

使用する度にスイッチをオンする必要あり

GD13は純正ApplePencilとは違い、使用する際にスイッチをオンにしなくてはなりません

よって「速攻メモをとりたい」場合、少しモタつきます。

スイッチをオンしている

ただ、そんな1秒を争う速度でメモを取りたい!という機会に出会った試しがないので、大きな問題にはならないかというのが正直な所です。

絵描き用途には厳しい

筆圧感知機能が無いので、絵かき用途には厳しいと思います。

よって、もし絵を書きたいと思うのであれば、素直に純正品を買うのが良いかと。

きの

純正品はお値段が張りますが、その価値はありますね。

Apple(アップル)
¥19,077 (2023/02/07 03:53時点 | Amazon調べ)

GOOJODOQ スタイラスペン GD13を買って幸せになれる人

ということで、下記一つでも当てはまった方は、「GOOJODOQ スタイラスペン GD13」を買うと幸せになれるでしょう。

本商品を買ったら幸せになれる人
  • ワイヤレスチャージが出来る、安いスタイラスペンを探している人
  • メモ用途でiPadを使用している人
  • とりあえず、安いスタイラスペンを試してみたい人

GOOJODOQ スタイラスペンは、安価なサードパーティ製のiPad用ペンシルです。

デスクの上にGD13

なんといってもワイヤレスチャージができるのが魅力的で、かつ見た目もほぼ純正ApplePencilと代わりがありません。

しかも傾き感知やパームリジェクション機能も備えているのに、なんと3,999円と純正の約1/5の価格で、コスパは最強です。

iPhoneと2種類のスタイラスペン

筆圧感知やタップ検知等の細かい機能は機能は無いですが、メモ書き用途であれば必要十分な最強スタイラスペン、間違いなしだと思います。

GOOJODOQ スタイラスペン GD13 まとめ

サードパーティー製のスタイラスペン、GD13を紹介しました。

サードパーティー、ここまで来たか・・!」と思う満足な出来で、正直びっくりしています。

GD13を握っている

欲を言えば、本体カラーのバリエーションが増えたらもっと嬉しいですね。黒とか深緑とか、いろいろ試したみたいです。

ただ、コスパとしては文句なしの一品なので、もし純正が高くて二の足を踏んでいるのであればとってもオススメ

あなたも、コスパ最強サードパーティー製のスタイラスペンを使って、iPadを最強メモ機として活用してみませんか?

\読み終わりましたら下記バナーをタップで/

\応援いただけますと励みになります!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次